座骨神経痛体験談

座骨神経痛という痛みを伴う病がありますが、実は座骨神経痛は最初から座骨神経痛と判断できていたという方は意外と少ないようです。

たとえばこのような体験談があります。

学生時代から腰が弱くて、ずっと腰痛持ちでした。

ですが部活の水泳はやめられずにずっと続けてきましたが、とうとう数年後には若くして起き上がることすらままならなくなってしまいました。

そしてやっと整形外科を受診するのですが、すでにその時点で腰に違和感を感じてから数年たっていたので、治療にもそれなりの期間を要したようです。

また別のパターンでは、腰が痛いというとどうしても診断として椎間板ヘルニアが疑われがちですが、椎間板ヘルニアと診断されて椎間板ヘルにの治療を続けていたが、いっこうによくならずセカンドオピニオンを受けると、座骨神経痛と診断されたということでした。

座骨神経痛は単なる腰痛や椎間板ヘルニアと疑われがちですが、よく検査して治療を受けないと治療自体が長期化する可能性もあります。

【関連記事|http://www.colorado8thafhs.org/